肩こり解消方法.com » 体の衰えとは

体の衰えとは

健康という言葉の意識の外で見えない病気は進んでいます。見えも感じもしないのです。人間はある地点を超えると徐々に衰えていきます。

衰えるということは、若いときに100パーセントだった体の調子が衰えることにより100パーセントでは無くなるということです。

当然免疫力も落ちてきてしまします。それは病気以外の何物でもないでしょう。衰えは病気なのです。それに対しての治療はしているでしょうか。

免疫力の低下の治療とはあらゆる病気の予防になります。予防していても避けられないこともありますが事前に対策を打てることならば打つでしょう。

アンチエイジングというのはご存じでしょうか。その名の通り年を経る事に抵抗していくという物です。

もちろん年を取らないことなど人間には不可能な訳ですが、年をとることに抵抗するということはあらゆる病気への対策を打つ余裕を生んでくれます。

健康を意識したところで見えないところで進む病気もあります。気になることが無くても定期的に人間ドッグを受けるなどして見るのも手でしょう

がん細胞というのは健康的な体でも毎日生まれているものです。100歳を超えた老人が老衰で無くなったと聞いた時大往生したなと思うでしょう。

しかし実は老衰というのはほとんどの場合がんであるということを知られていません。人間の体が老衰のためがん細胞を殺すことができなくなったよという意味なのです。

がんというのはどこかが弱ってしまいそこでがん細胞が生まれそれを殺せないためになる病気です。

がん細胞は、がんのできる部分にもよりますが、普通の細胞より分裂速度が遅く健康的な暮らしをし、どこまでもストレスフリーの状態であれば殺すことができる細胞なのです。

いかに肉体的にも精神的にもストレスを感じずに生活するか。それはがんと健康という点から見たときとても重要であると言えるでしょう。